相続税還付金

子供などが相続する資産には様々な種類があり、不動産もそのひとつです。通常は適正な評価に基づいて算出された相続税を支払うことになりますが、中には多く払い過ぎているケースもあります。相続税も税金のひとつなので、当然ながら多く払い過ぎた場合はその分が戻ってきます。それが相続税の還付金です。

多く払い過ぎてしまう理由はいくつかありますが、そのひとつに「土地評価が複雑で、正しく評価されていなかった」というものがあります。実際には半分以上がその対象となっているのが現実です。
日本は土地本位制ともいうべき歴史の中で、多くの資産を土地で所有している個人が多い一方、土地そのものにはさまざま性格があります。例えば、
+形が非常にいびつである
+複数の建物がたっている
+間口が非常に狭い
+崖の上に立っている
+傾斜地にたっている
など挙げだしたらキリがありません。

地主総合研究所では、地主の方を対象に相続税の還付手続きのサポート依頼を随時受け付けています。相続が発生して最長5年10カ月の間は相続税還付の請求ができる場合があります。詳細は下記ウェブサイト「富裕層相続税還付金総合研究所」をご覧ください。

「富裕層還付金総合研究所」ウェブサイトはこちら