地主さんの悩みの種

地主の悩みの種は大きく4つ、土地の悩み・税金の悩み・相続の悩み・賃貸経営の悩みだといわれています。

何代にもわたり脈々と受け継がれてきた土地があるものの、税金を払い続けるだけで収入にならないため、地主達は売るか賃貸経営をするかという岐路に立ちます。売った場合には一時的に現金を手にすることができますが、高額な所得税を払い手元に残ったお金はごくわずかということも少なくありません。それならば節税のためにと、アパートやマンションを建てた場合も、経営の難しさに直面しローンを残してしまい家族に迷惑をかけてしまうなど悩みは尽きません。

少子高齢化という個人では対処が難しい社会情勢や過酷な税金に起因するもの、不動産オーナー個人の決断力に起因するものなど衰退する要因をあげれば枚挙に暇がありません。不動産賃貸業は大変厳しい状況にある中で、ほとんど土地を減らすことなく、増やしている方もたくさんいます。

当社では、相続対策のご相談のほか、富裕層の方々の節税のご相談なども随時受け付けております。まずは下記のお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 地主系富裕層は要注意!ほとんどの相続税は納めすぎの兆候あり

  2. 相続税の還付

  3. あなたの町の所得・学力・文化度の偏差値

  4. 不動産鑑定評価見直しによる節税

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。